• 本

貧乏の神様 芥川賞作家困窮生活記

出版社名 双葉社
出版年月 2015年4月
ISBNコード 978-4-575-30867-9
4-575-30867-6
税込価格 1,512円
頁数・縦 269P 19cm

商品内容

要旨

作家とは、日雇い労働者そのものである。常時貯金ゼロ。友人に100万円を借り、手持ちのアクセサリーを換金する…書かなければ、書けなければ、収入はない。月刊『創』との「原稿料未払い騒動」完全収録。

目次

1 日々是貧乏(39歳の抱負
6300円と2時間20分の価値
信頼とは身投げのようなもの
虐待騒動とネット炎上
鬱と困窮の日々
生きてる方もツラいんだよ
40代のエイトビート
モグラ野郎の気持ち ほか)
2 原稿料を払ってください―月刊『創』編集部と柳美里の交渉記録

出版社・メーカーコメント

芥川賞作家の柳美里が『創』から原稿料を支払われないとして、話題となったが、本書はその『創』の連載を「お金」「貧乏」にまつわる話を中心にまとめ、新たに加筆した問題作です。『創』出版との印税未払いの顛末記、芥川賞作家が困窮する衝撃のエピソードを明かします。

著者紹介

柳 美里 (ユウ ミリ)  
1968年生まれ。高校中退後、東由多加率いる「東京キッドブラザース」に入団。役者、演出助手を経て、86年、演劇ユニット「青春五月党」を結成、93年『魚の祭』で岸田國士戯曲賞を最年少で受賞。97年『家族シネマ』で芥川賞を受賞。著書『フルハウス』(泉鏡花文学賞、野間文芸新人賞)、『ゴールドラッシュ』(木山捷平文学賞)他多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)