• 本

京都寺町三条のホームズ 7

贋作師と声なき依頼

双葉文庫 も−17−08

出版社名 双葉社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-575-51987-7
4-575-51987-1
税込価格 650円
頁数・縦 284P 15cm
シリーズ名 京都寺町三条のホームズ

商品内容

要旨

高校三年生になり、大学受験も意識しだした葵。不器用ながらも、ゆっくりと距離を縮めていく葵と清貴の前にある日、贋作師の円生が現れた。清貴に『白磁の香合』の鑑定を依頼した円生は、「本物だ」と言う清貴の言葉を否定して去っていく。それからしばらくして、円生は学校帰りの葵の前に現れた。間一髪で清貴が現れ事なきを得るが、その後、清貴は葵に別れを切り出す。二か月後、失意の底にいる葵に店長から電話が入った。「清貴が兵庫から帰ってきたんです」―大ヒット・キャラクター小説第7弾!

おすすめコメント

高校3年生になり、大学受験も意識しだした葵。不器用ながらも、ゆっくりとお互いの距離を縮めていく葵と清貴の前に、清貴を敵対視する贋作師・円生が現れた。それからしばらくして、清貴は葵に別れを切り出す。2か月後、失意のなかにいる葵に、オーナーから電話が入った。「清貴が神戸から帰ってきたんです」――大ヒット・キャラクタ―小説第7弾!

著者紹介

望月 麻衣 (モチズキ マイ)  
北海道出身。2013年にエブリスタ主催第二回電子書籍大賞でデビュー。2016年『京都寺町三条のホームズ』が『京都本大賞』を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)