• 本

濡れ衣

双葉文庫 ふ−16−41 結城半蔵事件始末 4

出版社名 双葉社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-575-66823-0
4-575-66823-0
税込価格 660円
頁数・縦 301P 15cm

商品内容

要旨

京橋の呉服屋「角屋」の四歳になる太吉が勾引され、二百両を要求する脅し文が投げ込まれた。角屋の内儀の証言から、武州浪人の矢崎新兵衛に疑いの目が向けられ、北町奉行所の同心らがその行方を追っていた。一方、矢崎の人柄を知る南町与力の結城半蔵は、勾引しに角屋の奉公人が絡んでいると睨み、探索を開始するが…。時代小説の名手が放つ、好評シリーズ第四弾。

おすすめコメント

南町与力の結城半蔵は、比丘尼橋の傍で迷子の男の子に人足姿の浪人が声をかけている場に居合わせた。男の子を捜していた母親に無事男の子を引き渡したが、後日、その男の子がかどわかされる。人足姿の浪人に疑いがかかるが……。人気シリーズ第四弾。

著者紹介

藤井 邦夫 (フジイ クニオ)  
1946年、北海道旭川生まれ。テレビドラマの脚本家、監督を経て、2002年に作家デビュー。以降、時代小説で数々のシリーズを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)