• 本

〈人間の安全保障〉の諸政策

出版社名 法律文化社
出版年月 2012年9月
ISBNコード 978-4-589-03451-9
4-589-03451-4
税込価格 2,592円
頁数・縦 203P 21cm

商品内容

要旨

いま人々を脅かす諸問題への処方箋を震災後の日本から世界へ向けて、文明、環境、食、医療、高齢者、社会保障、教育、経済の観点から提唱する。

目次

人間の安全保障と日本
人間の安全保障と新しい政策公準―原子力発電と格差経済を例示的素材として
寡占化社会が人間に与える影響―ソーシャルビジネスは資本主義システムを救えるか
アジア通貨単位(ACU)構想―21世紀グローバル通貨の模索に向けて
地球環境問題と人間の安全保障―錯綜する国家間の利害と解決策
食料自給と農業政策
高齢者の安全保障
医療・社会保障改革への提言
教育改革への基本的提言
日本のポテンシャルとイニシアティブ―汝自身を知れ!
新技術に基づくヒューメイン・シティー(Humane City)の提言
人間の安全保障―近代文明の危機とその超克

出版社
商品紹介

生存保障および持続可能な社会を実現するための指針をについて、多彩な執筆陣が環境・食・医療・金融・教育などの分野へ政策を提言。

著者紹介

岩浅 昌幸 (イワサ マサユキ)  
筑波大学准教授
柳平 彬 (ヤナギダイラ サカン)  
グループダイナミックス研究所代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)