• 本

日本の中央−地方関係 現代型集権体制の起源と福祉国家

出版社名 法律文化社
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-589-03466-3
4-589-03466-2
税込価格 5,832円
頁数・縦 264P 22cm

商品内容

目次

第1部 課題と視角(福祉国家における集権と分権)
第2部 歴史篇―集権体制の変容(戦時期:旧体制のもとでの機能的集権化の進行
占領改革期:旧体制の終焉と機能的集権体制の成立
機能的集権体制の中の総務省:「連動システム」の形成とその管理)
第3部 福祉国家と分権改革(中央‐地方関係史の包括的再解釈)

出版社
商品紹介

“明治以来の中央集権体制”はいついかなる要因で成立したのか?歴史的形成過程をたどり、現代行政学の中央−地方関係史解釈を更新。

著者紹介

市川 喜崇 (イチカワ ヨシタカ)  
1963年信州松本に生まれる。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程修了、博士(政治学)。福島大学行政社会学部専任講師、助教授、同志社大学法学部助教授を経て、同志社大学法学部・法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)