• 本

現代ドイツの労働協約

出版社名 法律文化社
出版年月 2015年2月
ISBNコード 978-4-589-03651-3
4-589-03651-7
税込価格 4,212円
頁数・縦 220P 21cm

商品内容

目次

第1章 協約拘束範囲の縮小―変化の起点(労働協約システムの概要
協約拘束範囲の縮小とそれをめぐる紛争
労働協約システムの構造変化)
第2章 協約規制の個別事業所化―2004年プフォルツハイム協定とIGメタル(ブフォルツハイム協定の成立
プフォルツハイム協定からジーメンス社補完協約まで
「コントロールされた分権化」の困難
転轍の可能性)
第3章 協約交渉の対立先鋭化―2007/2008年小売業争議(小売業の変容
2007/2008年小売業争議の開始
小売業争議の展開と妥協)
第4章 協約賃金の低水準化―NGGと法定最低賃金(旅館・飲食業における低賃金と協約政策
食肉産業における低賃金と協約政策
NGGの法定最低賃金導入論―「協約自治」の壁
運動の展開と政治の変化)
補論 派遣労働と労働協約

出版社
商品紹介

労働協約をめぐる困難の歴史をたどり、「労働組合の力」を描出する。理論的に凝縮されたドイツの経験から日本への示唆を得る。

出版社・メーカーコメント

労働協約をめぐる困難の歴史を分析、「労働組合の力」を描出する。理論的に凝縮されたドイツの経験から日本への示唆を得る。

著者紹介

岩佐 卓也 (イワサ タクヤ)  
神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授。1970年広島市生まれ。京都大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。2002年より神戸大学勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)