• 本

映画は社会学する

出版社名 法律文化社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-589-03784-8
4-589-03784-X
税込価格 2,376円
頁数・縦 256P 21cm

商品内容

要旨

想像力にとんだ映画という思考実験から社会や人間のリアルを垣間見る。映画によって読者の想像力を刺激し、活性化させる社会学の入門書!

目次

第1部 社会学的思考に慣れる(動機の語彙(C.W.ミルズ)
行為と演技(E.ゴフマン)
ラベリング理論(H.ベッカー) ほか)
第2部 社会学の視野を広げる(社会関係資本(R.D.パットナム)
感情労働(A.R.ホックシールド)
親密性(A.ギデンズ) ほか)
第3部 現代を読み解く社会学(消費社会論(J.ボードリヤール)
規律訓練と主体化(M.フーコー)
監視社会(D.ライアン) ほか)

著者紹介

西村 大志 (ニシムラ ヒロシ)  
1973年生。京都大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文学)。現在、広島大学大学院教育学研究科准教授
松浦 雄介 (マツウラ ユウスケ)  
1973年生。京都大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文学)。現在、熊本大学大学院文学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)