• 本

面会交流支援の方法と課題 別居・離婚後の親子へのサポートを目指して

出版社名 法律文化社
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-589-03835-7
4-589-03835-8
税込価格 3,456円
頁数・縦 230P 21cm

商品内容

目次

第1部 別居・離婚後の面会交流(面会交流とは何か
家庭裁判所はどのように対応しているか
合意形成と履行の支援)
第2部 面会交流支援(援助)団体の取組み(支援(援助)団体の取組み―面会交流支援団体フォーラム2015より
支援(援助)団体アンケート
面会交流援助者(支援者)へ
事例研究―困難ケースへの対応)
第3部 サポートの新たな展開(離れて暮らす親子のための情報提供パンフレット
子どもへの情報提供ハンドブック
出口の見える支援へ向けて―新しい試み
子どもたちのピアサポート
基礎自治体による面会交流支援)

出版社・メーカーコメント

別居・離婚後の面会交流の意義と家裁実務の現状、協議離婚での合意形成の必要性などを説明し、当事者目線に立った活動を提起する支援マニュアル。厚労省FPIC事業や民間支援団体の活動経験を紹介する。

著者紹介

二宮 周平 (ニノミヤ シュウヘイ)  
立命館大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)