• 本

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-04-104978-5
4-04-104978-4
税込価格 1,188円
頁数・縦 157P 19cm

商品内容

要旨

もうすぐ、大きな帆をあげて、子どもたちの船が漕ぎ出していく。人生という航路に絶対安全はないからこそ、今、伝えておきたい。母から娘へ―厳しくもハートフルな生き方指南。

目次

第1章 母と娘のガチバトル
第2章 スタート地点に立つために、できること。
第3章 夢見る娘とお金のハナシ
第4章 かあさんの子育て卒業宣言
第5章 巣立ちのとき
第6章 女の子が生きていくときに、覚えていてほしい5つのこと。
終章 女の子たちの“エクソダス”

出版社・メーカーコメント

王子様を待たないで。お寿司も指輪も自分で買おう。「エクソダス」というのは、聖書の「出エジプト記」に記された言葉で、多くの人たちが国境を越えて脱出すること。もし自分が抜け出せなかったとしても、女たちは、次の世代、また次の世代に、希望を託してきた。せめて子どもには、今の自分より、少しでも幸せな人生をあげたい。それって、代々、ちょっとずつ、ちょっとずつ、糸をつむぐように、女から女へ橋渡しされてきた希望の種なんだと思うんです。今の場所が最低だと思うなら、そこを抜け出す戦略を立てる。それだけは、どうかやめないで――大きな帆をあげて、水平線へと漕ぎ出していこうとする娘を見送る母が、今だからこそ、伝えておきたい大事なこと。人生という航路に絶対安全はないからこそ、知っておいてほしい。人生に向き合い、幸せを自分で取りに行くための、厳しくもハートフルな生き方指南。

著者紹介

西原 理恵子 (サイバラ リエコ)  
1964年高知県生まれ。88年『ちくろ幼稚園』でメジャーデビュー。96年カメラマンの故・鴨志田穣氏と結婚し、一男一女をもうける。97年『ぼくんち』で文藝春秋漫画賞、2004年『毎日かあさん カニ母編』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、05年『毎日かあさん』『上京ものがたり』で手塚治虫文化賞短編賞、11年『毎日かあさん』で日本漫画家協会賞参議院議長賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)