• 本

講談社基礎物理学シリーズ 2

振動・波動

講談社基礎物理学シリーズ 2

出版社名 講談社
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-06-157202-7
4-06-157202-4
税込価格 2,808円
頁数・縦 243P 22cm
シリーズ名 講談社基礎物理学シリーズ

商品内容

要旨

実際の現象と実例からまなぶ振動・波動。

目次

さまざまな振動・波動現象
単振動
減衰振動
強制振動と共振
連成振動
連続体の振動
1次元の進行波
波の性質
波のフーリエ解析
2、3次元の波
媒質を伝播する現実の波
波と量子
回折とフーリエ変換

おすすめコメント

当代一流の著者が理工系の大学1〜2年に向けて書き下ろす。理工系のどんな分野にも必要な振動・波動を説き明かし、次代の研究者・技術者を育む基礎となる教科書

出版社・メーカーコメント

本書は『講談社基礎物理学シリーズ』の第 2 巻であり、振動波動論という物理学分野を詳説するものです。振動と波動は、振り子の運動に始まり、水の波、音の波、光の波、果ては電子や原子核の波(電子のようなミクロの粒子の正体は、実は波であることが知られています)に至るまで、ありとあらゆる物理分野で見られる普遍的な現象です。振動と波動を知らないことは、物理を知らないことと同じです。しかし、振動と波動は、「微分方程式」「フーリエ変換」といった高等数学に頼って説明されることが多いので、重要でありながら初学者には学びにくい傾向があります。本書は、高等数学の理解を蔑ろにしないのはもちろんながら、例題に重点を置くことにより、振動と波動を物理現象として実感をもって習得できるようにしました。

著者紹介

長谷川 修司 (ハセガワ シュウジ)  
1960年生まれ。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。理学博士。現在、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)