• 本

ハルビン駅へ 日露中・交錯するロシア満洲の近代史

出版社名 講談社
出版年月 2014年10月
ISBNコード 978-4-06-213998-4
4-06-213998-7
税込価格 2,700円
頁数・縦 444P 20cm

商品内容

目次

まえがき ハルビン前史―日露善隣の長い十九世紀
第1章 それは鉄道からはじまった
第2章 日常的な省庁間の争い
第3章 満洲植民―政策、成果、反応
第4章 戦争、革命、政治―一九〇四年から一九〇八年のハルビン
第5章 彼ヲ知リ己ヲ知ラバ―国境地域のロシア東洋学
補論 ロシア中国学の系譜―北京、カザン、ペテルブルグ、ウラジオストク(一七一五年〜一八九九年)
あとがき ハルビンと日本―残照の中の輝き

著者紹介

ウルフ,ディビッド (ウルフ,ディビッド)   Wolff,David
1960年、ニューヨーク生まれ。ハーバード大学ロシア・フランス歴史・文学科卒。カリフォルニア大学バークレー校にて博士号取得(歴史学・政治学)。プリンストン大学で教鞭をとった後、ウッドロー・ウィルソン研究所国際冷戦史プロジェクトのディレクター・上級研究員を務める。2006年より北海道大学スラブ研究センター教授。ロシア史、北東アジアの国際関係史を専門とする
半谷 史郎 (ハンヤ シロウ)  
1968年、愛知県生まれ。大阪外国語大学ロシア語科卒。ラヂオプレス勤務を経て、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在は、愛知県立大学外国語学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)