• 本

ヘヴン

出版社名 講談社
出版年月 2009年9月
ISBNコード 978-4-06-215772-8
4-06-215772-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 248P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • かなり辛い内容なのに・・・

    全編を通して「いじめ」の話ですが、ほのかな恋愛感もありいじめのことを忘れるくらいの内容となっており、大変良く出来上がっています。今年の「本屋大賞」にノミネートされるだけの作品であることは納得します。ミステリーばかり読んでいる私ですが、箸休め(川上さんに失礼ですね)程度にしか考えておりませんでしたが、純文学も大変良いものです。思春期のお子様お持ちの御両親に読んでいただきたい。

    (2010年4月15日)

  • いじめる側が100%悪い

    中学校という箱庭で起きる『苛め』大人の世界から見れば何馬鹿なことをと思ってしまう。でも当事者でなければわからない世界。それが箱庭の世界。読むのがすごく辛く投げ出したくなるかもしれない。でも、今この世界で起きている現実でもあるのだ。心の中で『苛める側が100%悪い。どんな理由も苛めていい理由にはなりえない。』そう叫びながら読んだ。苛められていい人なんかこの世に一人もいないんだ。そう声を大にしてこの本の中に閉じ込めたいと切に願った物語。

    (2010年2月2日)

他の書店レビューを見る

商品内容

文学賞情報

2010年 第20回 紫式部文学賞受賞
2009年 第60回 芸術選奨・文部科学大臣新人賞(文学関係)受賞

要旨

「僕とコジマの友情は永遠に続くはずだった。もし彼らが僕たちを放っておいてくれたなら―」驚愕と衝撃、圧倒的感動。涙がとめどなく流れる―。善悪の根源を問う、著者初の長篇小説。

出版社
商品紹介

「苛められ暴力を受け、なぜ僕はそれに従うことしかできないのか」。生の意味を問う、哀しくも美しい物語。

おすすめコメント

「苛められ暴力を受け、なぜ僕はそれに従うことしかできないのか」頬を濡らすあてのない涙。14歳の苛めを正面から描き、生の意味を問う、哀しくも美しい物語。

出版社・メーカーコメント

衝撃的感動!芥川賞受賞後初の傑作長篇。「苛められ暴力を受け、なぜ僕はそれに従うことしかできないのか」頬を濡らすあてのない涙。14歳の苛めを正面から描き、生の意味を問う、哀しくも美しい物語。

著者紹介

川上 未映子 (カワカミ ミエコ)  
1976年8月29日、大阪府生まれ。2007年デビュー小説『わたくし率イン歯ー、または世界』(講談社)が第一三七回芥川賞候補作に。同年第一回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞受賞。2008年、『乳と卵』(文藝春秋)で第一三八回芥川龍之介賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわさされるわそらええわ』(青土社)で第一四回中原中也賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)