• 本

日本の伝統行事

出版社名 講談社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-06-219960-5
4-06-219960-2
税込価格 4,860円
頁数・縦 109P 31cm

商品内容

要旨

正月のすべて、ひな祭りの温もり、七夕の美しさ…。私たちは思い出し、再発見する。坂本龍一プロデュース「日本の童謡と唱歌集」CD3枚付き。

目次

正月
節分
ひな祭り
花見
端午の節句
八十八夜/田植え
七夕
花火大会
お盆
祭り
月見
七五三
年越し・大晦日
洗練と味わい

おすすめコメント

村上龍が「日本の心」を見つめ直した、日本を知るための決定本。坂本龍一プロデュースの「日本の童謡と唱歌集」CD3枚付き。

出版社・メーカーコメント

「日本の伝統行事」を見つめ直し、その新しい意義を示す。坂本龍一監修:「日本の童謡と唱歌集」CD3枚付。  全テキスト・村上龍執筆。そのすべてに英訳を併記。膨大な絵と写真。誰もが口ずさめる懐かしい童謡・唱歌が、坂本龍一他、現代の音楽家、演奏者によってよみがえる。 ★「日本を代表する表現者が結集」 「取り組んでから約8年、いつ完成するのだろうというような仕事でした。でも、坂本龍一をはじめ、和楽器界のプリンス東儀秀樹さん、藤原道山さん、装幀家の鈴木成一氏、画家のはまのゆかさん、そして、表紙を飾っていただいた女優の綾瀬はるかさん、坂本は親友なのでちょっと別にしても、他の人たちは、忙しいので無理だろうなというダメ元の依頼だったのに、快く応じていただいて、そのたびに、『この本は制作する価値がある』と思うことができました」 ★「幼いころの自分を訪ねる、遙かなる旅」 「知っているようで、知らない日本の伝統行事。明治以来の西欧化の大波にあっても、民衆が残してきた数々の習慣、食事、飲み物、衣装、装飾。七夕で短冊に願いごとを書く意味は? 花火大会はどうやってはじまったのか? 祭りの御輿は何を運ぶのか? そもそも神社と寺はどこが違うのか? 伝統行事は、自分が子どものころと、どこが、どういう風に、どうして変化してきたのか? また、変わっていないのはどこなのか? それらを調べ、書いていく作業は、大人になり故郷を離れ、都会に住み、海外体験も重ねたわたし自身が、1950〜60年代の幼い自分を訪ねる、遙かなる旅のようなものでした」 ★「それぞれの世代、文化圏に」 「年輩の人は、『そうだよな、そうだったよな』、子どもたちや若い人は、『そういうことだったのか』、外国の人は、『日本って、こんな側面があるのか』、そんなこと、いろいろなことを、感じていただけると思っています」 (村上龍談)

著者紹介

村上 龍 (ムラカミ リュウ)  
1952年、長崎県生まれ。76年『限りなく透明に近いブルー』で第75回芥川賞を受賞。81年『コインロッカー・ベイビーズ』で野間文芸新人賞、2005年『半島を出よ』で野間文芸賞、毎日出版文化賞を受賞。150万部突破の『13歳のハローワーク』は、現代を生き抜くための指針として読み継がれている。また『トパーズ』『KYOKO』の映画化では、監督も務めた。日本の金融・政治経済問題を考えるメールマガジン『JMM』を主宰するほか、経済トーク番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京)のホストも務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)