• 本

フォマルハウトの三つの燭台 倭篇

出版社名 講談社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-06-220575-7
4-06-220575-0
税込価格 1,836円
頁数・縦 340P 19cm

商品内容

要旨

人工人格家電の自殺疑惑、非実在キャラクターを殺したと主張する被告人、雇用を迫る対人支援用ロボット。起こりえない事件を解決するため男たちは燭台に火を灯す。それは「真実を映し出す」と語り継がれる、フォマルハウトの三つの燭台。

おすすめコメント

燭台が照らし出す真実とは――。

著者紹介

神林 長平 (カンバヤシ チョウヘイ)  
1953年、新潟県新潟市生まれ。79年、短編「狐と踊れ」で作家デビュー。『敵は海賊』『戦闘妖精・雪風』シリーズなどで数多くの星雲賞を受賞し、95年、『言壷』で第16回日本SF大賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)