• 本

物理数学の直観的方法 理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬 普及版

ブルーバックス B−1738

出版社名 講談社
出版年月 2011年9月
ISBNコード 978-4-06-257738-0
4-06-257738-0
税込価格 1,166円
頁数・縦 300P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

大胆なイメージ化により難解な概念を短時間でマスターする。ベクトル解析、フーリエ変換、複素積分など、理工系学生の前に立ちはだかる数学の「10の難所」をカバー。試験前に途方にくれる幾多の学生を救い、「難解な数学的手法の意味が、目からウロコが落ちるように理解できた」「はじめて腑に落ちた」と絶大な支持を得た不朽の名著。

目次

第1章 線積分、面積分、全微分
第2章 テイラー展開
第3章 行列式と固有値
第4章 eiπ=−1の直観的イメージ
第5章 ベクトルのrotと電磁気学
第6章 ε‐δ論法と位相空間
第7章 フーリエ級数・フーリエ変換
第8章 複素関数・複素積分
第9章 エントロピーと熱力学
第10章 解析力学
やや長めの後記―直観化をなぜ必要か

著者紹介

長沼 伸一郎 (ナガヌマ シンイチロウ)  
1961年東京生まれ。1983年早稲田大学理工学部応用物理学科(数理物理)卒業、1985年同大学院中退。1987年、本書『物理数学の直観的方法』の出版により、理系世界に一躍名を知られる。「パスファインダー物理学チーム」代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)