• 本

プロ野球名人たちの証言

講談社現代新書 2256

出版社名 講談社
出版年月 2014年3月
ISBNコード 978-4-06-288256-9
4-06-288256-6
税込価格 918円
頁数・縦 301P 18cm

商品内容

要旨

「一流が一流たる理由」と「プロの極意」がわかる貴重な証言の数々。田中将大、大型契約の背景とは。王貞治が川上哲治に学び、金田正一から教えられ、イチローに驚かされたこととは。

目次

序章 メジャーリーグと日本野球
第1章 王貞治かく語りき
第2章 極意の証言
第3章 投手という世界
第4章 V9巨人とその遺産
第5章 達人たちの視点

出版社・メーカーコメント

「一流が一流たる理由」と「プロの極意」がわかる貴重な証言の数々 田中将大、大型契約の背景とは。王貞治が川上哲治に学び、金田正一から教えられ、イチローに驚かされたこととは。広岡達朗「長嶋茂雄を見てください。『どうやって打つんですか?』『どうやって守るんですか?』と聞いても、明確な答えは返ってきませんよ。なぜなら現役時代、彼は無意識でプレーしていたからなんです。そして、これが本物のスーパースターなんですよ。無意識でプレーできなければ一流とは言い難い」黒江透修「ミスターが四タコだったような日は特に大変でしたよ。宿舎に戻ってくるなり、(中略)ミスターは全裸になり、僕たちはパンツ一丁になって打撃練習のお手伝い」高橋善正「王さんと長嶋さんはキャンプでも率先して練習し、紅白戦もオープン戦もフル出場する。しかも、あれだけの選手でありながら、少しも偉そうなところがない。ONがあれだけ真剣に練習していたら、誰も手を抜くことなんてできないよ」 ※本書は講談社PR誌『本』連載「新日本野球紀行」(2008年7月号〜2014年4月号)を元に再構成し、加筆・修正を加えたものです。

著者紹介

二宮 清純 (ニノミヤ セイジュン)  
1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙や流通紙の記者を経てフリーランスのスポーツジャーナリストとして独立。野球、サッカー、ボクシングなどを取材。株式会社スポーツコミュニケーションズ代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)