• 本

春の華客/旅恋い 山川方夫名作選

講談社文芸文庫 やD2

出版社名 講談社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-06-290346-2
4-06-290346-6
税込価格 1,836円
頁数・縦 395P 16cm

商品内容

要旨

急激に変貌していく戦後日本を背景に新しい感性による現代文学の興隆を牽引し、短い作家活動のうちに数多くの鮮烈な作品を残した山川方夫。その早熟ぶりが同世代の仲間を震撼させた学生時代の作品から、時代を先取りしたモチーフや研ぎ澄まされた文体によってジャンルの枠を超えた才能を開花させた後期作品まで、不慮の事故による早逝が惜しまれる著者の多彩な魅力が凝縮された傑作選。

おすすめコメント

純度の高い青春恋愛小説からひねりの効いた掌編まで多彩な作風で燦然と輝きながら早すぎる死が惜しまれる作家の、知られざる傑作選。

著者紹介

山川 方夫 (ヤマカワ マサオ)  
1930・2・25〜1965・2・20。作家。東京生まれ。日本画家・山川秀峰の長男。慶應義塾大学大学院中退。1954年、田久保英夫、桂芳久と共に第三次「三田文学」を復刊、新人発掘に力を注ぎ、曾野綾子、江藤淳、坂上弘などの作品を掲載する。「演技の果て」「愛のごとく」などで芥川賞候補に4回、「クリスマスの贈物」で直木賞候補に1回なるが、受賞はならなかった。米国「LIFE」誌に短編の翻訳が掲載されるなど文学界で評価が高まるさなか、1965年2月、トラックに轢かれる交通事故に遭い死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)