• 本

大直言

出版社名 新潮社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-10-336413-9
4-10-336413-0
税込価格 1,404円
頁数・縦 206P 20cm

商品内容

要旨

すでに「第三次世界大戦」と覚悟すべきだ―。日本国憲法はこのままでいいのか。外交に勝つために必要なのは。政治家に求められる覚悟とは。第三次世界大戦にどう備えるか。結論ありきの報道との向き合い方。領土をいかにして守るべきか。そして、日本人が持つべき、「真の矜持」とは。現代日本が抱える様々な問題の本質をえぐる、刺激的対論。

目次

第1章 憲法を議論する
第2章 外交を議論する
第3章 平和を議論する
第4章 戦争を議論する
第5章 メディアを議論する
第6章 政治家を議論する
第7章 領土を議論する
第8章 人生を議論する

おすすめコメント

稀代の論客ふたりが、激突! 日本国憲法はこのままでいいのか。外交に勝つために必要なのは。政治家に求められる覚悟とは。第三次世界大戦にどう備えるか。結論ありきの報道との向き合い方。領土をいかにして守るべきか。そして、日本人が持つべき、真の矜持とは――現代日本が抱える様々な問題の本質をえぐり、我が国の「これから」を明確に示す、刺激的対論。

著者紹介

青山 繁晴 (アオヤマ シゲハル)  
1952(昭和27)年、神戸市生まれ。慶應義塾大学文学部中退、早稲田大学政治経済学部卒。共同通信記者、三菱総研研究員、独立総合研究所社長を経て、2016年7月より参院議員。作家、東大教養学部非常勤講師、近畿大経済学部客員教授を兼ねる
百田 尚樹 (ヒャクタ ナオキ)  
1956(昭和31)年、大阪市生まれ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」などの番組構成を手がける。2006(平成18)年『永遠の0』で作家デビュー。他の著書に『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)