• 本

劇場

出版社名 新潮社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-10-350951-6
4-10-350951-1
税込価格 1,404円
頁数・縦 207P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 劇場

    芥川賞作家、又吉直樹の注目の受賞後の最新作。前評判と期待の重圧もなんのその、評判はすこぶる上々。火花より先に取りかかっていたという本作品。じっくりと練りこまれた描写は、読むものを引きずりこんでいく。恋愛小説といっても、奇をてらった描写も必要とせず、ごくごく普通に、男と女の心の通い合いとすれ違いを書き込んでいることに、作家の力量を感じずにはいられない。読み物として、作品として、理屈抜きにオススメできる小説です。

    (2017年6月18日)

商品内容

要旨

演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った―。『火花』より先に書き始めていた又吉直樹の作家としての原点にして、書かずにはいられなかった、たったひとつの不器用な恋。夢と現実のはざまにもがきながら、かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。

出版社・メーカーコメント

演劇を通して世界に立ち向かう永田と、その恋人の沙希。夢を抱いてやってきた東京で、ふたりは出会った――。『火花』より先に書き始めていた又吉直樹の作家としての原点にして、書かずにはいられなかった、たったひとつの不器用な恋。夢と現実のはざまでもがきながら、かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。