• 本

渋滞学

新潮選書

出版社名 新潮社
出版年月 2006年9月
ISBNコード 978-4-10-603570-8
4-10-603570-7
税込価格 1,404円
頁数・縦 251P 20cm

商品内容

文学賞情報

2007年 第7回 日経BP・BizTech図書賞受賞
2007年 第23回 講談社科学出版賞受賞

要旨

人混み、車、アリ、インターネット…世の中、渋滞だらけである。生まれたばかりの研究「渋滞学」による分野横断的な発想から、その原因と問題解決の糸口が見えてきた。高速道路の設計のコツから混雑した場所での通路の作り方、動く歩道の新利用法まで。一方で、駅張り広告やお金、森林火災など、停滞が望ましいケースでのヒントにも論及。渋滞は、面白い。

目次

第1章 渋滞とは何か
第2章 車の渋滞はなぜ起きるのか
第3章 人の渋滞
第4章 アリの渋滞
第5章 世界は渋滞だらけ
第6章 渋滞学のこれから

おすすめコメント

渋滞が嫌いな人も、行列させたい人も必読。あらゆる「渋滞」の謎に迫る!  人混み、車、インターネット……世の中、渋滞だらけである。新しく生まれた研 究「渋滞学」により、その原因と問題解決の糸口が見えてきた。高速道路の設計 のコツから混雑した場所での通路の作り方、動く歩道の新利用法まで。一方で、 駅張り広告やお金、森林火災など停滞が望ましいケースでのヒントにも論及。渋 滞は、面白い!

著者紹介

西成 活裕 (ニシナリ カツヒロ)  
1967年、東京都生れ。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻助教授。90年東京大学卒。修士と博士課程を航空宇宙工学で終える。専門は非線形動力学、および渋滞学。山形大学工学部機械システム工学科、龍谷大学理工学部数理情報学科助教授、ケルン大学理論物理学研究所(ドイツ)客員教授を経て現在に至る。常に理学部と工学部の橋渡しをしたいと思っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)