• 本

戦争の日本中世史 「下剋上」は本当にあったのか

新潮選書

出版社名 新潮社
出版年月 2014年1月
ISBNコード 978-4-10-603739-9
4-10-603739-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 335P 20cm

商品内容

文学賞情報

2014年 第12回 角川財団学芸賞受賞

要旨

手柄より死を恐れた武士たち、悪人ばかりではなかった「悪党」、武家より勇ましいお公家さん、戦時立法だった一揆契状…「下剋上」の歴史観ばかりにとらわれず、今一度、史料をひもとき、現代の私たちの視点で捉え直してみれば、「戦争の時代」を生きた等身大の彼らの姿が見えてくる。注目の若手研究者が描く真の中世史像。

目次

第1章 蒙古襲来と鎌倉武士
第2章 「悪党」の時代
第3章 南北朝内乱という新しい「戦争」
第4章 武士たちの南北朝サバイバル
第5章 指揮官たちの人心掌握術
第6章 武士たちの「戦後」
終章 “戦後レジーム”の終わり

出版社
商品紹介

手柄より死を恐れた武士たち、悪人ばかりではなかった「悪党」、武家より勇ましいお公家さん、下剋上だけでは語られぬ真の中世史像。

著者紹介

呉座 勇一 (ゴザ ユウイチ)  
1980年、東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)学位取得。日本中世史専攻。現在、東京大学大学院人文社会系研究科研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)