• 本

ほめると子どもはダメになる

新潮新書 647

出版社名 新潮社
出版年月 2015年12月
ISBNコード 978-4-10-610647-7
4-10-610647-7
税込価格 778円
頁数・縦 201P 18cm

商品内容

要旨

頑張れない、傷つきやすい、意志が弱い。生きる力に欠けた若者たちは、欧米流「ほめて育てる」思想の産物である。一九九〇年代に流入した新しい教育論は、日本社会特有の「甘さ」と結びつき様々な歪みを引き起こした。「ほめても自己肯定感は育たない」「欧米の親は優しい、は大誤解」「母性の暴走が弊害のもと」…臨床心理学データで欧米の真似ごとを一刀両断!教育と人材育成に関わるすべての日本人必読の書。

目次

序章 なぜ「ほめて育てる」が気になるのか
第1章 「注意されることは、攻撃されること」
第2章 欧米の親は優しい、という大誤解
第3章 ほめても自己肯定感は育たない
第4章 日本の親は江戸時代から甘かった
第5章 母性の暴走にブレーキを

おすすめコメント

頑張れない、傷つきやすい、意志が弱い―― 。生きる力に欠けた若者は、欧米流「ほめて育てる」思想の産物である。その決定的欠陥を臨床心理学データが一刀両断! 教育と人材育成に関わるすべての日本人必読の書。

著者紹介

榎本 博明 (エノモト ヒロアキ)  
1955(昭和30)年東京都生まれ。心理学博士。東京大学教育心理学科卒業。東芝勤務後、東京都立大学大学院へ。大阪大学大学院助教授等を経てMP人間科学研究所代表。多くの国立・私立大で教えた経験を活かし教育講演を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)