• 本

違和感の正体

新潮新書 667

出版社名 新潮社
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-10-610667-5
4-10-610667-1
税込価格 778円
頁数・縦 202P 18cm

商品内容

要旨

メディアや知識人によって語られる今どきの「正義」、何かがおかしい。どうも共感できない。デモ、教育、時代閉塞、平和、震災など、現代日本のトピックスをめぐり、偉大な思想家たち―網野善彦、福澤諭吉、吉本隆明、高坂正堯、江藤淳―らの考察をテコに、そんな「違和感」の正体を解き明かす。善悪判断の基準となる「ものさし不在」で、騒々しいばかりに「処方箋を焦る社会」へ、憂国の論考。

目次

デモ論―「知識人」はなぜ舐められるのか
差別論―何が「自由」を衰弱させるか
教育論―「権威とサービス」は両立するか
時代閉塞論―「新しいこと」などあるものか
近代化論―「反知性主義」を批判できるか
平和論―「勢力均衡の崩壊」にどう向き合うか
沖縄問題論―「弱者」への同情は正義なのか
震災論―「自己崩壊の危機」をどう生き抜くか

おすすめコメント

「正義」の耐えられない軽さ! 国会前デモ、絶対平和、道徳教育、反知性主義批判、安心・安全――メディアや知識人が好む「正義」はなぜ浅はかなのか。騒々しいほどに「処方箋を焦る社会」へ、憂国の論考。

著者紹介

先崎 彰容 (センザキ アキナカ)  
1975(昭和50)年東京都生まれ。東京大学文学部倫理学科卒。東北大学大学院博士課程を修了、フランス社会科学高等研究院に留学。2016年4月より日本大学危機管理学部教授。専門は日本思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)