• 本

反・民主主義論

新潮新書 687

出版社名 新潮社
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-10-610687-3
4-10-610687-6
税込価格 799円
頁数・縦 221P 18cm

商品内容

要旨

「民主主義を守れ」と叫ぶ人がいる。「憲法を守れ」と怒る人がいる。だが、われわれは「民主主義」「憲法」を本当に考えてきたのか。それらを疑うことをタブーとし、思考停止を続けてきただけではないのか。戦後70年で露呈したのは「憲法」「平和」「国民主権」を正義とする民主主義の欺瞞と醜態だった―安保法制、無差別テロ、トランプ現象…直近の出来事から稀代の思想家が本質を鋭く衝く。知的刺激に満ちた本格論考。

目次

第1章 日本を滅ぼす「異形の民主主義」
第2章 「実体なき空気」に支配される日本
第3章 「戦後70年・安倍談話」の真意と「戦後レジーム」
第4章 摩訶不思議な日本国憲法
第5章 「民主主義」の誕生と歴史を知る
第6章 グローバル文明が生み出す野蛮な無差別テロ
第7章 少数賢者の「民本主義」と愚民の「デモクラシー」
第8章 民主主義政治に抗える「文学」
第9章 エマニュエル・トッドは何を炙り出したのか
第10章 トランプ現象は民主主義そのもの

おすすめコメント

民主主義を信じるほど、不幸になっていく。憲法論争、安保法制、無差別テロ、トランプ現象……戦後70年であふれだすのは、民主主義の欺瞞と醜態である。国家を蝕む最大の元凶を、稀代の思想家が鋭く衝く。

著者紹介

佐伯 啓思 (サエキ ケイシ)  
1949(昭和24)年、奈良県生まれ。社会思想家。京都大学名誉教授。東京大学経済学部卒。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。2007年正論大賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)