• 本

入門国境学 領土、主権、イデオロギー

中公新書 2366

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年3月
ISBNコード 978-4-12-102366-7
4-12-102366-8
税込価格 929円
頁数・縦 244P 18cm

商品内容

要旨

北方領土、尖閣諸島、竹島という日本が抱える三つの「領土問題」。その解決のヒントになるのが国境学・境界研究(ボーダースタディーズ)である。欧州を揺るがす移民問題、国境防衛にとどまらないサイバー時代の安全保障、境界地域の経済振興など、国境学の応用範囲は幅広い。四千キロに及ぶ中露国境の踏破、北方領土問題への提言など最前線で活動してきた著者が、欧米の動向や自身の実践を踏まえて解説する入門書。

目次

はしがき 「日本の領土」、何が間違っているのか
序章 世界の境界・国境を比較する
第1章 境界の現場を歩く
第2章 ボーダースタディーズとは何か
第3章 国境・誰がこの線を引いたのか
第4章 領土問題の構築を解体する
第5章 透過性と分断から地域を考える
第6章 国際関係をボーダーから読み換える
第7章 日本の境界地域をデザインする
終章 国境のなかに光を見る
補論 新しい人文・社会系の学問をいかに創造するか

おすすめコメント

領土問題や移民問題、サイバー時代の安全保障などを考えるヒントになる「国境学」。欧米で流行する新しい学問分野のはじめての入門書

著者紹介

岩下 明裕 (イワシタ アキヒロ)  
1962年(昭和37年)、熊本県に生まれる。九州大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。九州大学法学部助手、山口県立大学国際文化学部助教授などを経て、現在、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター教授、九州大学アジア太平洋未来研究センター教授。Association for Borderlands Studies会長(2015年度)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)