• 本

聖書、コーラン、仏典 原典から宗教の本質をさぐる

中公新書 2459

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-12-102459-6
4-12-102459-1
税込価格 972円
頁数・縦 319P 18cm

商品内容

要旨

宗教にはそれぞれ教典がある。開祖やその弟子たち、あるいは教団によって書かれ、編まれ、受け継がれた「教えの原点」だ。時代が変わり、教義が揺れる時に、人々が立ち返る場所としての原典ともいえよう。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教から、ヒンドゥー教や神道、儒教・道教まで。歴史を超えて受け継がれてきた教典はどのように生まれ、何を私たちに伝えようとしているのか。信仰の核心に迫る新しい宗教ガイド。

目次

序章 小教典としての祈りと念仏
第1章 旧約聖書―イスラエル民族との約束
第2章 新約聖書―救世主の物語
第3章 コーラン―正しい社会の建設
第4章 パーリ仏典―ブッダの修業マニュアル
第5章 大乗仏典―諸仏の救済ビジョン
第6章 東ユーラシアの多神教の教典
終章 教典のエコロジー

おすすめコメント

宗教にはそれぞれ教典がある。開祖やその弟子たち、あるいは教団によって書かれ、編まれ、受け継がれた「教え」の原点だ。時代と場所に応じて教義が変わっても、常に立ち帰る場所として教典がある。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教から、ヒンドゥー教や神道、儒教・道教まで。歴史を超えて受け継がれてきた教典はどのように生まれ、なにを私たちに伝えようとしているのか。信仰の原点に迫るやさしい宗教ガイド。

著者紹介

中村 圭志 (ナカムラ ケイシ)  
1958年北海道生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学(宗教学・宗教史学)。宗教研究者、翻訳家、昭和女子大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)