• 本

路上のジャズ

中公文庫 な29−2

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-12-206270-2
4-12-206270-5
税込価格 972円
頁数・縦 299P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

一九六〇年代、新宿、ジャズ喫茶。デビスに涙し、アイラーに共鳴し、コルトレーンに文学を見た中上健次。「破壊せよ、とアイラーは言った」ほかエッセイを中心に詩、短篇小説までを全一冊に収める、ジャズと青春の日々をめぐる作品集。巻末にジャズ評論家小野好恵によるロングインタビューを併録する。

目次

1 路上のジャズ(青春の新宿
ジャズの日々
路上のジャズ ほか)
2 ジャズをきけ。ジャズを…(JAZZ
灰色のコカコーラ)
3 破壊せよ、とアイラーは言った(吹雪のハドソン川―アルバート・アイラー「ゴースト」
新鮮な抒情―テルオ・ナカムラ「マンハッタン・スペシャル」
日の光と排気ガス―マイルス・デビス「リラクシン」 ほか)

著者紹介

中上 健次 (ナカガミ ケンジ)  
1946年(昭和21年)、和歌山県新宮市に生まれる。65年、県立新宮高校を卒業後上京し、モダンジャズに熱中する。66年、同人誌「文芸首都」に加わり、小説や詩を発表する。74年、初の作品集『十九歳の地図』で注目を浴び、76年、『岬』で芥川賞を受賞。77年『枯木灘』で毎日出版文化賞を受賞する。92年(平成4年)没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)