• 本

全身がん政治家

出版社名 文藝春秋
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-16-375040-8
4-16-375040-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 254P 20cm

商品内容

要旨

初めての「がん告知」は39歳のとき。それから35年の間に、直腸、前立腺、下咽頭…。妻と秘書にも秘めていた闘病のすべてを明かす。

目次

第1章 初当選から十ヶ月で「余命二年」
第2章 落選中のがんで良かった
第3章 放射線治療は楽なもの?
第4章 初めて書いた「遺書」
第5章 入院しながら血塗れの選挙
第6章 がん患者であることに夢中にならない

出版社・メーカーコメント

初当選翌年の39歳で、悪性リンパ腫を発症以来、直腸、前立腺、下咽頭……。4度のがんを乗り越えてきた政治家の闘病の記録──。

著者紹介

与謝野 馨 (ヨサノ カオル)  
1938年東京生まれ。東京大学法学部卒業。中曽根康弘氏の秘書を経て、76年に衆議院議員初当選。文部大臣、通産大臣、自民党政調会長などを歴任。安倍内閣では官房長官、麻生内閣では財務・金融・経済財政の3閣僚を兼務した。自民党を離党し、2010年に「たちあがれ日本」を結党。民主党菅政権では経済財政担当として入閣。政界随一の政策通として知られ、筋金入りの財政再建論者である
青木 直美 (アオキ ナオミ)  
医療ジャーナリスト。千葉県生まれ。最先端の医療現場から患者まで取材し、月刊誌・週刊誌を中心に執筆。健康、食などのテーマのほかに、伝統芸能・映画・舞台などの著名人インタビューも手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)