• 本

下衆の極み

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-16-390612-6
4-16-390612-6
税込価格 1,296円
頁数・縦 266P 19cm

商品内容

要旨

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の原作者として、作家活動も新境地に。トランプ、ゲス不倫、母の介護まど、大騒ぎの世の中を揺るがぬ視点で見つめる。相変わらず“持ってる”女・ハヤシさん、今日も時代の最先端を爆走中!

目次

すごいぞ、センスプ(私のルーツ
トランプと石田家
同じ穴の… ほか)
許される範囲(ヒロインたち
お芝居が始まる
セコいなァ ほか)
いつものようにキーッ(二世の話
景品
ちょっとイヤな感じ ほか)
番外編「『不倫』はやっぱり文化だ!」(柴門ふみ×林真理子)

おすすめコメント

「どうしたらセンテンス・スプリングに書かれずにすみますか?」 「センテンス・スプリングの執筆者になることですね」 「朝、ハンドバッグを開けたら、中からサツマ揚げが出てきた」。トランプ、SMAP解散、ゲス不倫、母の介護まで、激動の社会を揺るがぬ視点で見つめる。番外編として、漫画家・柴門ふみとの対談『「不倫」はやっぱり文化だ!』も収録。

著者紹介

林 真理子 (ハヤシ マリコ)  
1954年山梨生まれ。日本大学芸術学部を卒業後、コピーライターとして活躍。82年エッセイ集「ルンルンを買っておうちに帰ろう」がベストセラーとなる。86年「最終便に間に合えば」「京都まで」で第94回直木賞を受賞。95年「白蓮れんれん」で第8回柴田錬三郎賞、98年「みんなの秘密」で第32回吉川英治文学賞を受賞。現代小説、歴史小説、エッセイと、常に鋭い批評性を持った幅広い作風で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)