• 本

文部省の研究 「理想の日本人像」を求めた百五十年

文春新書 1129

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-16-661129-4
4-16-661129-1
税込価格 994円
頁数・縦 267P 18cm

商品内容

要旨

独立独歩で生きて行く個人(明治の初め)、天皇に奉仕する臣民(戦前の昭和)、平和と民主主義の担い手(終戦直後)、熱心に働く企業戦士(高度成長期)…。「理想の日本人像」を追い求めてきた文部省百五十年の歴史を検証すれば、私たちの未来の姿が見えてくる!

目次

第1章 文部省の誕生と理想の百家争鳴(一八六八〜一八九一年)―「学制前文」から「教育勅語」まで
第2章 転落する文部省、動揺する「教育勅語」(一八九二〜一九二六年)―「戊申詔書」から「国民精神作興詔書」まで
第3章 思想官庁の反撃と蹉跌(一九二六〜一九四五年)―『国体の本義』から『臣民の道』まで
第4章 文部省の独立と高すぎた理想(一九四五〜一九五六年)―「教育基本法」から「国民実践要領」まで
第5章 企業戦士育成の光と影(一九五六〜一九九〇年)―「期待される人間像」から「臨教審答申」まで
第6章 グローバリズムとナショナリズムの狭間で(一九九一〜二〇一七年)―「教育改革国民会議報告」から「改正教育基本法」まで

著者紹介

辻田 真佐憲 (ツジタ マサノリ)  
1984年、大阪府生まれ。作家・近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業。現在、政治と文化芸術の関係を主な執筆テーマとしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)