• 本

日本の路地を旅する

文春文庫 う29−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-16-780196-0
4-16-780196-5
税込価格 724円
頁数・縦 383P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 「路地」の旅

    是、一般的な旅行記にあらず。北は東北の地、青森から南は沖縄まで。日本の「路地」を旅した記録。その土地の住人達の証言を交えつつ、古くは室町・江戸時代から続く「路地」の歴史について踏査しながら綴る深く重い記録。ちなみに本書で言う「路地」とは被差別部落のこと。著者自身も「路地」の出身であると云う。自身の幼い頃の体験、ルーツも重ね合わせた物語をノンフィクションで綴った一冊。大宅壮一ノンフィクション賞受賞作品。

    (2014年12月27日)

商品内容

要旨

中上健次はそこを「路地」と呼んだ。「路地」とは被差別部落のことである。自らの出身地である大阪・更池を出発点に、日本の「路地」を訪ね歩くその旅は、いつしか、少女に対して恥ずべき犯罪を犯して沖縄に流れていった実兄との幼き日の切ない思い出を確認する旅に。大宅壮一ノンフィクション賞受賞。

目次

和歌山県新宮
ルーツ―大阪
最北の路地―青森、秋田
地霊―東京、滋賀
時代―山口、岐阜
温泉めぐり―大分、長野
島々の忘れられた路地―佐渡、対馬
孤独―鳥取、群馬
若者たち―長崎、熊本
血縁―沖縄
旅の途中で

出版社・メーカーコメント

中上健次はそこを「路地」と呼んだ。「路地」とは被差別部落のことである。自らの出身地である大阪・更池を出発点に、日本の「路地」を訪ね歩くその旅は、いつしか、少女に対して恥ずべき犯罪を犯して沖縄に流れていった実兄との幼き日の切ない思い出を確認する旅に。大宅壮一ノンフィクション賞受賞。 解説・西村賢太

著者紹介

上原 善広 (ウエハラ ヨシヒロ)  
1973年大阪生まれ。ノンフィクション作家。自身の出身地である大阪・更池から中上健次の故郷・新宮など日本全国500以上の「路地」(被差別地区)を巡りあるいた『日本の路地を旅する』で、2010年、第41回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2012年、『「最も危険な政治家」橋下徹研究』(新潮45)で、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)