• 本

芥川賞物語

文春文庫 か73−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-16-790780-8
4-16-790780-1
税込価格 918円
頁数・縦 359P 16cm

商品内容

要旨

賛辞も非難もすべて盛り上がりの血肉にしてきた恐るべき文学賞・芥川賞。1935年の創設から八十余年、第1回から第155回まで、受賞者、選考委員、候補者、マスコミが繰り広げてきた壮大なドラマを、著者独自の愛と棘ある視点で描き、“日本一有名”なこの賞の秘密を解き明かす。いちばん面白くて読みやすい芥川賞史を文庫化。

目次

第1章 誕生―“権威”を問われての船出 一九三五年〜一九四四年
第2章 変質―主導権が選考委員会から出版社へ 一九四五年〜一九五四年
第3章 乖離―単なる一新人賞を超えた過分な注目 一九五五年〜一九六八年
第4章 喧噪―話題性と批判の声、ともに拍車がかかる 一九六九年〜一九七九年
第5章 失速―若手作家に厳しく、授賞なし頻発 一九八〇年〜一九八七年
第6章 延命―圧倒的な知名度、他の賞を寄せつけず 一九八八年〜一九九九年
第7章 独走―結局、誰も止められないままに 二〇〇〇年〜二〇一二年
第8章 持続―外縁の熱気は冷めそうで冷めず 二〇一二年〜二〇一六年

おすすめコメント

芥川賞の全歴史とエピソードが一冊に。市井の愛好家が、愛と外からの冷静な目で著した芥川賞非公認*{を、文春文庫から堂々刊行。

著者紹介

川口 則弘 (カワグチ ノリヒロ)  
直木賞研究家。1972年東京都生まれ。筑波大学比較文化学類卒。2000年よりホームページ「直木賞のすべて」を運営。2008年、そのなかにサブコンテンツ「芥川賞のすべて・のようなもの」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)