• 本

告白銀座ホステスの性事情

河出i文庫 iか3−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2010年2月
ISBNコード 978-4-309-48182-1
4-309-48182-5
税込価格 702円
頁数・縦 259P 15cm

商品内容

要旨

夜の銀座は紳士淑女の社交場です。クラブで「銀座の女は、いくら通ってもなかなかヤラせてくれない」と愚痴る客に、ホステスは「寝るのは好きな人でなきゃ嫌なのよ」と答えます。でも、これは社交辞令。男たちは銀座に通うのをやめず、ホステスは潤沢そうな男に体をひらいて甘えます。表の顔と裏の顔を使い分け、貪欲に肉体を貪りあう“銀座の紳士淑女の性世界”を、銀座の夜を知りつくした元ホステスが活写。

目次

1 リストラされた客との別れのベッド
2 バター犬を飼う女
3 「後ろから入れて」とせがむ銀座ママ
4 日本一の詐欺師の“連れ”にヤラれた
5 体に汚物、変態社長の五十万
6 タダで北海道のはずが、“種馬”のお相手
7 紳士豹変、ヘルプの娘がヘルプ!
8 超むかつくクルーザーナンパ
9 力士の「送る」は「やらせて」ってこと
10 同伴出勤前の出血大サービス

出版社・メーカーコメント

「寝るのは好きな人でなきゃ嫌」と言いながら、潤沢そうな男に体をひらいて甘えるホステス。貪欲に肉体を貪りあう「客とホステスの性世界」を、銀座の夜を知りつくした元ホステスが赤裸々に描いた実録風告白。

著者紹介

金沢 京子 (カナザワ キョウコ)  
千葉県出身。OL生活二年の後、二十一歳で東京・銀座のクラブ「貝」でホステス・スタート。十五年間に銀座の高級クラブを二十軒ほど渡り歩いて引退。小説『談合』で作家デビュー(1995年)。夕刊フジ、サンケイスポーツなどに連載コラムを執筆し、漫画の原作(画・森園みるく、雅亜公ほか)を多数執筆するなど多方面で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)