• 本

カメムシの母が子に伝える共生細菌 必須相利共生の多様性と進化

共立スマートセレクション 21

出版社名 共立出版
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-320-00921-9
4-320-00921-5
税込価格 1,944円
頁数・縦 161P 19cm

商品内容

目次

1 昆虫と共生細菌の必須相利共生
2 マルカメムシの共生細菌とカプセル
3 クヌギカメムシの共生細菌とゼリー
4 ベニツチカメムシの共生細菌と母親による子の世話
5 チャバネアオカメムシの共生細菌と置換
6 ホソヘリカメムシの共生細菌と環境中からの獲得
7 ヒメナガカメムシの共生細菌と菌細胞の進化
8 トラジラミの共生細菌と寄生から相利共生への進化
異種の助け合いとは何か―ナチュラリストの先端生物学

著者紹介

細川 貴弘 (ホソカワ タカヒロ)  
2003年九州大学大学院理学府生物学専攻博士後期課程修了。九州大学大学院理学研究院生物科学部門助教、博士(理学)。専門は進化生物学、行動生態学、昆虫学
辻 和希 (ツジ カズキ)  
1989年名古屋大学大学院農学研究科博士後期課程修了。琉球大学農学部亜熱帯農林環境科学科教授、農学博士。専門は動物生態学、進化生態学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)