• 本

中間子原子の物理 強い力の支配する世界

基本法則から読み解く物理学最前線 15

出版社名 共立出版
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-320-03535-5
4-320-03535-6
税込価格 2,160円
頁数・縦 171P 21cm

商品内容

目次

第1章 はじめに
第2章 相対論的量子力学入門
第3章 ハドロン物理学の面白さ
第4章 中間子‐原子核束縛状態の構造と生成
第5章 中間子‐原子核束縛系―最新の研究から
第6章 おわりに

出版社・メーカーコメント

基本法則から物理概念の発展を追いながら最新の研究成果を読み解くシリーズ。中間子−原子核束縛系を舞台にした、ハドロン多体系の構造・生成反応と強い相互作用の研究について解説する。

著者紹介

比連崎 悟 (ヒレンザキ サトル)  
1991年3月東京都立大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了(理学博士)。4月科学技術庁‐理研基礎科学特別研究員。1994年4月東京都立大学日本学術振興会特別研究員。10月バレンシア大学(スペイン)客員教授。1996年4月奈良女子大学理学部物理科学科助手。1998年4月同助教授。2006年4月同教授。2012年4月奈良女子大学研究院自然科学系物理学領域教授(現職)。専門は理論核物理学、ハドロン物理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)