• 本

電子スピン共鳴分光法

化学の要点シリーズ 20

出版社名 共立出版
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-320-04461-6
4-320-04461-4
税込価格 2,052円
頁数・縦 209P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 分光法としての磁気共鳴―スピン分光法(分光法の概要
電磁波と分子の相互作用 ほか)
第2章 電子スピンとそのエネルギー(電子スピン
電子スピンを含む相互作用)
第3章 ESRの時間依存性と分子のダイナミクス(熱平衡とスピン緩和
化学反応によるスピンの生成と消滅 ほか)
第4章 電子スピン共鳴の測定法(ESR法の原理
磁場変調ESR ほか)
第5章 応用例(金属錯体の構造と電子状態
固体の励起三重項における状態の混合 ほか)

著者紹介

大庭 裕範 (オオバ ヤスノリ)  
1985年東北大学大学院理学研究科博士課程修了。現在、東北大学多元物質科学研究所准教授。理学博士。専門、物理化学
山内 清語 (ヤマウチ セイゴ)  
1976年東北大学大学院理学研究科博士課程修了。東北大学多元物質科学研究所教授(2012年逝去)。理学博士。専門、スピン化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)