• 本

吉祥寺「ハモニカ横丁」物語

出版社名 国書刊行会
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-336-05899-7
4-336-05899-7
税込価格 1,458円
頁数・縦 202P 19cm

商品内容

要旨

街の暗がりの路地に小さな店がひしめく横丁。その多くは戦後のヤミ市にルーツがあった。吉祥寺のハモニカ横丁をはじめ、全国に残るヤミ市起源の横丁の歴史を辿り、その魅力を明らかにする「横丁文化論」。

目次

第1章 路地・横丁ブームの到来
第2章 横丁ブームの火付け役
第3章 吉祥寺ハモニカ横丁の誕生
第4章 横丁のルーツ・ヤミ市
第5章 ハモニカ横丁の人々
第6章 ハモニカ横丁の戦後
第7章 現在のハモニカ横丁
第8章 ハモニカ横丁の店を巡る
第9章 横丁の行く末

出版社
商品紹介

ヤミ市から横丁へ−−。吉祥寺ハモニカ横丁をはじめ、全国に残るヤミ市起源の横丁の歴史を辿りその魅力を明らかにする「横丁文化論」。

著者紹介

井上 健一郎 (イノウエ ケンイチロウ)  
1984年新潟県生まれ。法政大学工学部都市環境デザイン工学科卒業、現在会社員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)