• 本

『大乗起信論』を読む

出版社名 春秋社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-393-11341-7
4-393-11341-1
税込価格 3,456円
頁数・縦 272P 20cm

商品内容

要旨

空・唯識・如来蔵思想からなる珠玉の名作を読み解く。宗派・時代を問わず多くの人々を魅了してきた大乗仏教の綱要書を、法相唯識の教理と対照させて、一心二門三大四信五行からなる独自の体系をわかりやすく解説。

目次

第1章 『大乗起信論』について
第2章 三宝への帰依―序分
第3章 書かれた理由と主旨―正宗分(一)
第4章 正しい教えを明かす(一)―正宗分(二)
第5章 正しい教えを明かす(二)―正宗分(三)
第6章 誤りを正し、覚りの道へ進む―正宗分(四)
第7章 信心のあり方と修行の功徳―正宗分(五)・流通分

著者紹介

竹村 牧男 (タケムラ マキオ)  
1948年東京生まれ。東京大学文学部印度哲学科卒業。文化庁宗務課専門職員、三重大学助教授、筑波大学教授、東洋大学教授を経て、東洋大学学長。専攻は仏教学・宗教哲学。唯識思想研究で博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)