• 本

道元禅師研究における諸問題 近代の宗学論争を中心として

出版社名 春秋社
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-393-11343-1
4-393-11343-8
税込価格 7,020円
頁数・縦 368P 22cm

商品内容

要旨

道元研究の第一人者による、約二十年にわたる本覚思想や十二巻本『正法眼蔵』をめぐる宗学論争の総括と、新進気鋭の研究者による、これまでの常識を覆す新たな研究の試み六篇を収録。

目次

第1部 近代の宗学論争(本覚思想をめぐって
思想的変化をめぐって
十二巻本『正法眼蔵』をめぐって
坐禅をめぐって
入宋遍歴をめぐって
宗学論をめぐって)
第2部 道元禅師研究における諸問題(「『正法眼蔵』編輯論」再考―六十巻本『正法眼蔵』の位置づけについて
道元禅師における「懺悔・滅罪」考
「一箇半箇の接得」考
道元禅師の御真詠を守って
道元禅師と瑩山禅師の嗣法観―『伝光録』における代付説の受容と関連して
『正法眼蔵』再治の諸相―「大悟」巻の再治をめぐって)

著者紹介

角田 泰隆 (ツノダ タイリュウ)  
1957年、長野県生まれ。駒澤大学仏教学部禅学科卒業。駒澤大学大学院人文科学研究科仏教学専攻博士課程満期退学。博士(文学)。現在、駒澤大学仏教学部禅学科教授。長野県伊那市常圓寺住職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)