• 本

悪の起源 ライプニッツ哲学へのウィトゲンシュタイン的理解

出版社名 春秋社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-393-32369-4
4-393-32369-6
税込価格 2,700円
頁数・縦 213P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

倫理は存在に内在する!ウィトゲンシュタインやライプニッツ、龍樹、道元、老荘思想、さらに西田哲学や和辻の倫理学と、古今東西の哲学・思想を探究したはてに到達した究竟。刻みつけられた思索の断章のなかに、読者は、宗教や哲学の閾を超越した人間本来の実存のすがたを発見する。

目次

1 哲学的断章(語り得ぬもの―「内在」(1)
「描く」という事について―「内在」(2)
古典について
教師について ほか)
2 老子と荘子(基軸の時代
有無相即
未完の完
道徳に対する存在の優位―「内在」(5) ほか)
3 ライプニッツ―「言語的内在」の形而上学(ライプニッツ試論―原子論から単子論へ
補説―ライプニッツ『弁神論―神の善意、人間の自由、悪の起源』による)

著者紹介

黒崎 宏 (クロサキ ヒロシ)  
1928年生まれ。東京大学大学院哲学研究科博士課程単位取得退学。長らく成城大学教授を務め、現在は、成城大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)