• 本

カフカはなぜ自殺しなかったのか? 弱いからこそわかること

出版社名 春秋社
出版年月 2016年12月
ISBNコード 978-4-393-36543-4
4-393-36543-7
税込価格 1,836円
頁数・縦 263P 19cm

商品内容

要旨

いつも死にたがっていた男の生き方―親との関係、仕事、結婚…。カフカは人生のあらゆる場面で絶望していた。それでも死を選ぶことはなかった。その事実は私たちに何を教えてくれるのか。弱さの価値をみつめなおす、現代へのヒントに満ちた一冊。

目次

死にたいと思ったことがありますか?
ガラスの壁のなかの少年
仕事をすると、死にたくなる
永遠の葛藤―したいけど、したくない
カフカがカフカになった日
誰かを好きになった日の鮮明な記憶
恋人から忠告されると、死にたくなる
彼女と結婚しても、しなくても、生きていけない
婚約と婚約解消、そして『訴訟』
2回目の婚約と婚約解消、そして…
生きたいと思ったことがありますか?

著者紹介

頭木 弘樹 (カシラギ ヒロキ)  
筑波大学卒業。文学紹介者。編訳書に『「逮捕+終り」―『訴訟』より』フランツ・カフカ(創樹社)、『絶望名人カフカの人生論』フランツ・カフカ(飛鳥新社/新潮文庫)、『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』ゲーテ、カフカ(飛鳥新社)監修書に『マンガでよむ 絶望名カフカの人生論』平松昭子(飛鳥新社)。著書に、『絶望読書 苦悩の時期、私を救った本』(飛鳥新社)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)