• 本

子どもの見ている世界 誕生から6歳までの「子育て・親育ち」

出版社名 春秋社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-393-37329-3
4-393-37329-4
税込価格 1,728円
頁数・縦 221P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

同じ目線に立ち、心の声を聴く。心と脳の最新科学をもとに、発達心理学の第一人者が贈る子育てメッセージ。

目次

1 乳児期―世界づくりの開始
2 個性の芽生え―「物語型」と「図鑑型」
3 イメージの誕生―認知革命
4 ことばの不思議―子どもが世界とつながるとき
5 絵本の読み聞かせ―心に栄養をとどけるいとなみ
6 子どもを取り巻く新たな問題―スマホに子守をさせないで
7 遊びで広がる想像のつばさ―毎日が「発想」の実験日!
8 想像力は「生きる力」―見えない未来を思いえがく
9 英会話塾は効果があるの?―ことばは子どもの未来を拓く
10 お母さんあせらないで―将来の学力はいつ決まる?
11 子育てに「もう遅い」はありません

著者紹介

内田 伸子 (ウチダ ノブコ)  
1946年、群馬県生まれ。お茶の水女子大学卒業、同大学大学院修士課程修了。お茶の水女子大学教授・理事・副学長などを経て、十文字学園女子大学理事・特任教授、福岡女学院大学大学院客員教授、お茶の水女子大学名誉教授。学術博士。専門は、発達心理学、認知心理学、発達心理言語学、保育学。ベネッセ「こどもちゃれんじ」の監修に立案時から25年以上携わるほか、NHK教育テレビ『おかあさんといっしょ』の番組開発、マルチおもちゃの監修など、多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)