• 本

あわいの時代の『論語』 ヒューマン2.0

出版社名 春秋社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-393-43650-9
4-393-43650-4
税込価格 1,944円
頁数・縦 247P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「君子」とはどんな人なのか?「仁」の境地に達するには?―究極の温故知新がここに!

目次

第1章 あわいの時代―シンギュラリティ
第2章 心―腹部に宿った「自由意志」
第3章 君子―「心」を使いこなす
第4章 礼と六芸―身体拡張装置としての「礼」
第5章 知―脳の外在化によって生まれた精神活動
第6章 仁―ヒューマン2・0
付録 『大盂鼎』を読む―論理の誕生

著者紹介

安田 登 (ヤスダ ノボル)  
1956年千葉県銚子市生まれ。高校教師をしていた25歳のときに能に出会い、鏑木岑男師に弟子入り。能楽師(下掛宝生流)のワキ方として活躍するかたわら、『論語』などを学ぶ寺子屋「遊学塾」を、東京(広尾)を中心に全国各地で開催する。公認ロルファー(米国のボディワーク、ロルフィングの専門家)として各種ワークショップも開催している。京都市立芸術大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)