• 本

愛のうた バッハの声楽作品

出版社名 春秋社
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-393-93206-3
4-393-93206-4
税込価格 2,700円
頁数・縦 213P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

音楽で描く、聖書のドラマ。

目次

第1章 プレリュード
第2章 女性の声―“マニフィカト”とカンタータ“私の魂は主をあがめ”におけるマリア
第3章 愛の歌から子守歌へ―“クリスマス・オラトリオ”
第4章 神の栄光と人の苦しみ―“ヨハネ受難曲”
第5章 イエスの受難と受難曲の歴史―“マタイ受難曲”
第6章 見ることと理解すること―“復活祭オラトリオ”と“昇天祭オラトリオ”
第7章 オペラと建築の間―“ミサ曲 ロ短調”
第8章 ポストリュード
付録

著者紹介

ラータイ,マークス (ラータイ,マークス)   Rathey,Markus
ミュンスター大学で博士号取得。ライプツィヒ・バッハ資料館研究員等を経て、2003年よりイェール大学音楽史教授。アメリカ・バッハ協会会長。J.S.バッハの音楽に関する論文や、アメリカ合衆国、ヨーロッパ、アジアにおける公演用の楽曲解説を多数執筆
木村 佐千子 (キムラ サチコ)  
広島市出身。東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。在学中に安宅賞受賞。J.S.バッハの声楽作品に関する研究で、ボーフム・ルール大学にて博士号取得。現在、獨協大学外国語学部教授、東京藝術大学音楽学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)