• 本

魂と弦

増補新版

出版社名 春秋社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-393-93595-8
4-393-93595-0
税込価格 3,780円
頁数・縦 344,7P 20cm

商品内容

要旨

音楽への愛、人生の機微。ヴァイオリンはうたう…愛と平和と人間の尊厳のために。偉大な音楽家の半生記。

目次

わが心のロシア
最初のヴァイオリン
ヨーロッパ
コンセルヴァトワール
師エネスコ
せむし男を求め美女のもとを去る
荷物のない旅人
戦争亡命者
音楽にいのちをささげて
裏切り
ヴァイオリンの精神分析
私のティボー・コンクール
礼儀知らず
ソ連への旅
アフリカで音楽に出会う
六日戦争
一九六八年五月
出会い、いくつか
われわれはみな音楽家である

著者紹介

ギトリス,イヴリー (ギトリス,イヴリー)   Gitlis,Ivry
1922年、イスラエルのハイファ生まれ。13歳でパリ音楽院に全校一の成績で入学。その後もエネスコ、ティボー等、名ヴァイオリニストの下で研鑽を積む。19世紀の演奏様式、音楽観を伝える希有な演奏家。カザルス、ハイフェッツ、ゼルキン等、往年の名匠とも共演を行い、アルゲリッチをはじめ、バレンボイム、メータ、インバル、デュトワ、ニューヨーク・フィル、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル等との共演、多くの一流演奏家から招聘を受けている
今井田 博 (イマイダ ヒロシ)  
1950年、東京生まれ。72年、パリ大学留学。77年、早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業。翻訳家、脚本家。駒沢女子大学講師(演劇表現)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)