• 本

月が導く異世界道中 12

出版社名 アルファポリス
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-434-23597-9
4-434-23597-4
税込価格 1,296円
頁数・縦 279P 19cm
シリーズ名 月が導く異世界道中

商品内容

要旨

商会の代表としてあちこち駆け回っている深澄真です。僕は今、元蜘蛛の澪、元死霊の識を連れて、遙か北方の魔族領を訪れています。身分的にはただの商人にすぎない僕ですが、なんと魔王様が直々に歓待してくれて大困惑。連日の宴で僕の精神的疲労はマックスです。おまけに、親善試合に出てくれだなんて…。正直、ちょっと面倒くさい。でも、本当に良くしてもらっているのでここは受けるのが筋だよね?そんな僕と魔将の親善試合の会場に反魔王勢力の刺客が乱入。捨て身の襲撃も虚しく無事鎮圧…と思いきや、なんと彼らにはとんでもない切り札が。夜空を貫く黄金の光とともに、魔族の都市に甚大な被害をもたらす“災厄”が迫る。このままだとどれほどの犠牲者が出るか分からないし…仕方ない、僕らもひと肌脱ぎますか。澪、識、悪いけどちょっと手伝って。

おすすめコメント

累計51万部!薄幸系男子の異世界ファンタジー、第12巻!

著者紹介

あずみ 圭 (アズミ ケイ)  
愛知県出身。2012年よりWeb上で「月が導く異世界道中」の連載を始める。一躍人気作となりアルファポリス「第5回ファンタジー小説大賞」読者賞を受賞。2013年5月、改稿を経て「月が導く異世界道中」で出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)