• 本

偉大なるバレエ教師 20世紀を代表する10人

出版社名 大修館書店
出版年月 2000年4月
ISBNコード 978-4-469-26437-1
4-469-26437-7
税込価格 4,104円
頁数・縦 405P 23cm

商品内容

要旨

森下洋子が学んだマリカ・ベゾブラゾワ、ミハイル・バリシニコフを指導したデビッド・ハワード、シルヴィ・ギエムを育てたクリスチアーヌ・ヴォサール、ウラジミール・マラーホフを鍛えたアレクサンダー・ウルスリアクら、スターダンサーを育てた20世紀を代表するバレエ教師の教授法とその極意が明らかになる。バレエ史上、幻のバレエ教師エゴロワ、セミョーノバの指導法も初公開。バレエ教師を介して、今世紀を代表するスターバレリーナたちの若き日の汗と涙のストーリーが垣間見える。

目次

第1章 マリカ・ベゾブラゾワ
第2章 ウィリアム・クリスチャンセン
第3章 ジャニナ・クノーヴァス
第4章 ガブリエラ・ターブ‐ダーバッシュ
第5章 デビッド・ハワード
第6章 ラリー・ロング
第7章 ラリサ・スクリャンスカヤ
第8章 アレクサンダー・ウルスリアク
第9章 クリスチアーヌ・ヴォサール
第10章 アン・ウォリアムズ
バレエ教師のクラスのレッスン
バレエ用語解説

目録情報

森下洋子が学んだベゾブラザワ他、20世紀を代表するバレエ教師の教授法とその極意を紹介した書。(スポーツ・健康科学書総目録2017年版)

著者紹介

ワード・ワーレン,グレッチェン Ward Ward,Gretchen
英国ロイヤルバレエスクール卒業後、11年にわたりペンシルベニアバレエ団ソリスト、その後、アメリカン・バレエ・シアターのバレエ・ミストレスを5年間務める。現在は南フロリダ大学芸術学部ダンス学科教授「クラシック・バレエ・テクニック」(Classical Ballet Technique、フロリダ大学出版会、1989年刊)などの著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)