• 本

ダンサーなら知っておきたい「からだ」のこと

出版社名 大修館書店
出版年月 2008年12月
ISBNコード 978-4-469-26672-6
4-469-26672-8
税込価格 1,836円
頁数・縦 131P 26cm

商品内容

要旨

クラシックバレエ、社交ダンス、日本舞踊、フラメンコ、フラダンス愛好者、理学療法士、スポーツ指導者、スポーツ選手、音楽家、演劇関係者など、「からだと運動」に興味をもつ人、すべてに贈る書。

目次

第1章 ダンサーなら知っておきたい「からだの成り立ち」のこと(知っておきたい「骨」のこと
知っておきたい「筋肉と骨の関係」のこと
知っておきたい「筋肉の収縮と弛緩」のこと ほか)
第2章 ダンサーなら知っておきたい「動きの仕組み」のこと(知っておきたい「基本姿勢」のこと―ダンスは立つことから始まる
知っておきたい「股関節の動きとダンス」のこと―ターンアウトって何?
知っておきたい「バレエのつま先立ち」のこと―トウシューズで立つ ほか)
第3章 ダンサーなら知っておきたい「からだの働き」のこと(知っておきたい「エネルギー消費量」のこと
知っておきたい「体力」のこと―笑顔で踊るダンサーを支えるスタミナ
知っておきたい「筋力」のこと―細いからだに秘めるパワー ほか)

目録情報

ダンサーの身体の仕組みと運動のメカニズムを写真と図で解説。スポーツ・健康科学書総目録2017年版

出版社
商品紹介

バレエダンサー、バレエ指導者、愛好者を対象に、からだの成り立ちや働き方、動きの仕組みを日本のトップダンサーをモデルに詳述。

著者紹介

水村 真由美 (ミズムラ マユミ)  
お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科准教授。1965年10月22日生まれ、愛知県出身(東京都育ち)。東京大学大学院教育学研究科身体教育学専攻博士課程修了。教育学博士。東京大学大学院教育学研究科専任助手、お茶の水女子大学文教育学部芸術・表現行動学科舞踊教育学コース専任講師、助教授を経て、2007年4月より現職。お茶の水女子大学にて、解剖学、動作学、生理学、スポーツ科学、健康科学など身体運動科学全般を教えるとともに、舞踊やスポーツを中心とした自然科学的な研究と教育を学部から博士後期課程の学生とともに行う。6歳よりバレエを始め、谷桃子、尾本安代、笹本公江、川副恵躬子らに師事。谷桃子バレエ団研究所を経て1989〜1991年谷桃子バレエ団在籍。所属学会:国際ダンス医科学会、アメリカスポーツ医学会、国際バイオメカニクス学会、日本体育学会、日本体力医学会、日本バイオメカニクス学会、日本運動生理学会、日本トレーニング学会、日本ウォーキング学会会員。NPO法人「芸術家の薬箱」理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)