• 本

ターンアラウンド 22億円の借金を返し切った企業経営者の挑戦

出版社名 ダイヤモンド・ビジネス企画
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-478-08393-2
4-478-08393-2
税込価格 1,620円
頁数・縦 238P 20cm

商品内容

要旨

主力事業であるコンピュータ・リース業と決別し、ソフトウエア事業に活路を見出した、企業経営者の凋落と再興のドラマがここにある。闇が深ければ深いほど夜明けは近い。

目次

第1章 日本のコンピュータ黎明期
第2章 リース業、そしてコンピュータ教育事業に乗り出す
第3章 転機になった中国との関わり
第4章 バブル期の終焉と二二億円の不良債権
第5章 闇が深ければ深いほど夜明けは近い
第6章 IT業界を担う若者へ
第7章 活躍の舞台は日本から世界へ

おすすめコメント

資本金の30倍の不良債権を抱えても、たった1人で闘い続けた経営者がいた。バブル崩壊により22億の不良債権を抱え、さらに売上高はピーク時から6割超急減。社長の大日方は窮地に立たされるも、負債に1人で向き合い続け、二十数年をかけ不良債権を完済。時代の荒波と闘った経営者の凋落と再興のドラマがここにある。

著者紹介

大日方 真 (オビナタ マコト)  
1961年、東京大学卒業後、日本IBM入社。その後、1967年、日本ソフトウエアに入社。1971年には日本コンピュータ(現・日本クラウド)を設立、代表取締役に就任。総務庁、財団法人地方自治情報センターなどの講師、一般社団法人日本能率協会専任講師を歴任。1988年に日中合弁上海啓明軟件有限公司の総経理に就任。2016年6月現在、ユニックスホールディングス、インテリジェントシステムズ、日本クラウドの代表取締役を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)