• 本

エブリデイ・ロープライス 不況知らずのフランチャイズ

出版社名 ダイヤモンド・ビジネス企画
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-478-08420-5
4-478-08420-3
税込価格 1,620円
頁数・縦 185P 20cm

商品内容

要旨

売れすぎて近隣からクレーム?スーパーの常識「特売日」がない?圧倒的に安いのに、圧倒的に不況知らず。創業以来50年間右肩上がりを続けるすごいスーパーの経営戦略。

目次

第1章 「商売はおもろい」、「儲かるのはうれしい」(夢と不安を抱いて、大阪上陸!
踏み入れた商人の街 ほか)
第2章 日本初の業務用スーパー「C&Cエンド」誕生(市場・酒屋を敵に回す業態革新
C&Cエンドと外商の両輪で年商一〇〇億円突破)
第3章 C&C、食品館、外商の三本柱で年商二〇〇億円突破(店舗部門の革新―二業態で新規出店に弾みをつける
外商部門の革新―人材育成と新規分野開拓で売上高拡大 ほか)
第4章 エンド商事の営業戦略と商品戦略(店舗部門と外商部門の営業戦略
取引先・同業者との連携による商品力強化)
第5章 商売にゴールなし!エンド商事にエンドなし!(創業の理念を伝承
人間力を極限まで鍛える ほか)

おすすめコメント

「C&Cエンド」の特徴はただの大容量の食料品販売だけではない。心にくいほどのサービスと接客が大阪の街で大人気を博している。なかでも、人気の秘密は大阪らしい「値切り交渉OK」の接客サービス。商品知識豊富なプロフェッショナルが顧客に対応する姿はまさに「大阪商人」そのものだ。

著者紹介

遠藤 勉 (エンドウ ツトム)  
エンド商事株式会社代表取締役会長兼社長。1938年、香川県生まれ。1955年、大阪にわたり、岩瀬商事入社。1965年、27歳の時に東大阪市寿町に遠藤勉商店(個人商店)創業。1969年、エンド商事株式会社設立。その後、日本初の業務用スーパー「C&Cエンド」を次々と出店し、外商部門との両輪で売上高を伸ばしていく(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)